スマホの方はページ下部のメニューバーをご活用ください

”中田敦彦のYouTube大学”のココがすごい!

持論・体験

最近、YouTubeで面白いのを見つけました。

 

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが世界史や日本史、時事問題などをざっくりと説明するというYouTubeチャンネル、YouTube大学です。

 

”YouTube大学”のチャンネル設立は2018年2月、そしてなんと2019年9月にチャンネル登録登録者数が100万人になりました!!

悠

おめでとうございます!

 

私はこのチャンネルを発見し、動画をいくつか拝聴してみて素直に「すごいな。」と思いました。

 

ちなみにこういっては失礼かもしれませんが、私は特に中田敦彦さんのファンというわけではないです笑

芸人さんのことは全然知らず、オリエンタルラジオさんのネタも1つもみたことがないです。

 

ですが、だからこそ先入観なし、そして中立的な目線で動画を見ることができました。

その結果としてチャンネルの凄さに大変驚いたのです。

 

今回は中田さんの経歴や芸人としての活動など何も知らない私が、率直にチャンネルそのものの凄さについて語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

知識のまとめ方

動画を見てまず思ったのが、知識のまとめ方がうまいということ。

 

動画では、その動画内で話す内容が全てホワイトボード一枚にまとめられています。

そのホワイトボードを使いながら流れを追っていく感じですね。

 

 

ホワイトボード一枚で動画が完結してくれるっていうのは地味に大きい点だと思います。

何回も消したり書いたりしていると、視聴者は「さっきまでの内容はどんなだったけ?」となりがちです。

 

しかし一枚で完結するのであれば、常に今はどこの部分の話をしているかというのを逐一参照できます。

 

特に歴史系に関しては”迷子にならないこと”が重要で、自分が今勉強しているのはどこの部分なのかがすぐに分かるのは魅力的です。

 

無論、ホワイトボード一枚にまとめるということは情報量がかなり限られるということです。

正直、日本史の動画なんかはかなり端折っているとは思います。

 

 

しかし中田さんご本人もおっしゃっている通り、まずは動画でざっくりと理解をしてもらうことが目的であると。

勉強をしてもらうきっかけになるような動画を目指しているそうです。

 

その条件は満たされていると私には思えます。

 

そう思う理由として知識のまとめ方の他に、中田さんの”説明力”が挙げられるのです。

スポンサーリンク

ただ本をコピーしてるだけ?

知識そのものに関しては、中田さんが動画内で「今回の内容はこの本を参考にしました!」と明言している通り、基本は本から仕入れているらしいです。

 

ようは本の内容のコピーなわけですが、「なんだコピーか。」とは私は全くならないです。

 

知識をまとめることについては、本を読んでその内容の重要部分を抜き出しホワイトボードに書いていくことになります。

この作業にも一定の能力が必要ではありますが、それを喋るとなると格段に要求されるレベルが上がると思います。

 

 

当然ですが、本にかかれていることをそのままペラペラ喋っていてもつまらないです。

 

中田さんは本の内容をできるだけ、分かりやすく、そして面白く伝えようとしています。

 

この面白くというのが大変重要だと思っています。

単純につまらないという感情より、面白いという感情のほうが記憶に残りやすくなりますから。

 

中田さんは動画内で面白い具体例をあげたり、歴史の話なんかだと思わず笑ってしまうような例え話を交えています。

 

視聴者側に”勉強している感”を感じさせない工夫がなされているなと感心しました。

 

本の内容を喋っているだけ、という人には「同じことがあなたにはできますか?」と問いたい。

 

同じ本を読み、分かりやすく説明しろと言われた時、少なくとも私にはあのようにうまくて面白い説明は絶対無理ですね…

ノンストップ・ハイテンションで喋り続ける

これが一番凄いと思う部分です。

 

動画を見ていて気づくことは、動画がほぼカット無しということ。

カット無しの中ひたすら喋り続けます。

 

動画内で喋り続けるというのは当たり前なのかもしれませんが、分かりやすくて面白い説明を早口で喋り続けているというのが凄いところ。

頭の回転が早い方なのだと思います。

 

基本的に喋るというのはスピードが早いほうがいいんです。

ゆっくり喋ってくれた方が聞き取りやすくはなるかもしれませんが、聞いてる方はだんだん集中力がきれてきて退屈さを感じてしまいます。

 

早口で喋られると、聞き逃さないようために集中して聞くようになるのです。

悠

私も動画視聴は基本的に最低でも1.5倍速にしています。

 

中田さんはめちゃくちゃ早口というわけでは無く、少し早いくらいです。

聞き取りやすさと話す内容の密度とのバランスがうまく取れていると思いました。

 

それからもう一つが基本的にテンションが高いということ。

これも視聴者に退屈さを感じさせない上で重要です。

 

動画内での中田さんの表情の変化は目まぐるしいです笑
そして体もよく動き、基本的にハイテンション。

 

授業感が極限まで抑えられています。

 

人間は動くものは自然と目で追ってしまいうものです。

動画内でハイテンションで動き回る中田さんのことはついつい目で追ってしまいます。

 

それに加えて説明も面白いとなれば視聴するうえで苦痛はありません。

 

本当に喋るのが得意なお方なんだなぁと羨ましく思ってしまいました。

スポンサーリンク

クオリティを維持しながらの毎日投稿

動画のクオリティはとても高いです。

 

そしてあのクオリティで毎日投稿なのが理解できません。

編集は外部に頼っているのでしょうが、それにしても毎日投稿はすごい。

 

ネタを考える、本を読む(この時点で時間がかかる)、その本の内容を自分なりにまとめる、動画撮影。

喋りの練習の時間とかもあると思います。

 

今は完全にYouTubeに専念している状態なのでしょうかね…

それにしてもすごすぎる。

 

毎日投稿にすれば、視聴者の生活ルーティンに動画視聴という項目を組み込めることになり、視聴者の維持・増加が期待されるでしょう。

 

ここまで来ると非の打ち所を探すのが難しいですね…

視聴のすすめ

中田さんの動画をきっかけに勉強を始めるという方も絶対にいらっしゃると思います。

私の他の記事でも申し上げていることですが、歴史系はまず大きな流れを知ることが大切です。

 

中田さんの動画では歴史の流れをざっくりと説明してくださっていますし、動画視聴というのは本を読むよりもハードルが低いわけですから、少しでも興味があるならのぞいてみてほしいです。

 

無料であのクオリティの動画が観られるというのは素晴らしいことです。

その点ではとてもいい時代になりました。

 

上記事で、世界史の勉強に使えるおすすめサイトを紹介しているのでそちらも合わせて活用していただければと思います。

 

中田さんの動画で歴史に興味を持ったら、あとは教科書片手にネットなどをうまく活用していけばスムーズに勉強が進むと思います。

 

使えるものは最大限利用し、うまく知識を獲得してきたいものですね。

 

中田さんの”YouTube大学”をまだご覧になったいないかたは是非視聴してみてください!

きっとその動画クオリティの高さに驚くはずです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました