【お知らせ】寂しくも懐かしい田舎での記憶を綴ったブログ”田舎懐古録”を開設しました(ここをクリックorタップ)

個人的なお知らせ

ブログ

※この記事はただの個人的なお知らせです。

 

いきなり本題に入りますが、当ブログの他にもう1つ別のブログを作りました。

田舎懐古録(仮)というブログです。こちらから是非覗いてみてください。

 

いくつかの記事で述べていますが、私は田舎育ちです。

田舎というのは全体的に不便(特にインフラ)で、都会で育ってきた人には想像もできない環境となっています。

 

しかし、今思い返すと幼少期・少年期を田舎の自然の中で過ごした経験というのは大変貴重であると感じていて、情報格差問題を除けば(ここが致命傷ではありますが…)なかなかに良いものでありました。

 

田舎懐古録(仮)では私の(主に)少年期における田舎での思い出や体験を綴っています。

 

都会育ちの人が読めば「こんな世界があるんだ」と思える部分が1つくらいはあるでしょう。

田舎育ちの人が読めば”田舎あるある”として楽しめる部分があるのではないかと思います。

 

田舎関係無くないですか?というような話も多々あると思いますが、幼少期・少年期を大人になってから振り返ったときに感じる寂しさ・懐かしさといったものにもスポットライトを当て、それらをエッセイ(といったら大げさかも)として投稿していきます。

 

 

エッセイは自分用に趣味として書いていました。

こういう文章は書いたことがなくて、自分でも読むのが恥ずかしいレベルでありますが、当時の雰囲気だけでも伝えられればと思います。

 

1つの記事は非常に短く、すぐ読めるものとなっています。

ご一読いただければ幸いです。

田舎懐古録
田舎で過ごした少年時代の思い出や体験談を綴っていきます。 どこか寂しかったり懐かしかったりするエピソード。
ブログ
スポンサーリンク
底辺京大生の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました