受験と読書 読書のススメ

大学受験全般

受験生の方々、読書ってしていますか?

もしかしたら読書する暇があったら受験勉強するべきだという考えの方もいるかもしれませんね。


どうしても受験生は受験で頭がいっぱいになって視野が狭くなりがちなのですが、
私個人としては受験生にこそ読書を薦めたいのです。



教養がつく!とは散々言われることですよね。

しかし教養とは言ってもうまく想像できないでしょうし、受験生にとっては「教養なんて今はどうでもいい~」という方もいるでしょう。




今回は受験生にとっても読書は有用になりえるよ!ということを書いていきます。

スポンサーリンク

読書で受験の内容を深められる

これは私自身が経験していることです。

社会の勉強において特に発揮されると思います。




私は文系で受験する際、世界史を選択したのですが世界史に関連する本を暇な時に読んでいました。


そんな本を読んでる暇があるなら教科書を読んだほうがいいと思われるかも知れませんね。


しかし読書によって教科書の内容を深められることもあるのです。





教科書に書いてあることは、研究者達が「この出来事は省く。これは歴史的に意義が大きいから省けない。」とできるだけ要素を削ぎ落として抽象化した内容です。



抽象化されればされるほど流れをつかむのが難しくなります。

そして面白みも少なくなってしまう笑






世界史はできるだけ出来事を関連づけるのが重要です。




例えば、Aという出来事の後にBが起きたと教科書に書いてある場合、
AとBの間には教科書に書かれていない様々な出来事が起きています。




それらが省かれているからうまく関連付けて覚えられないのです。



教科書よりも具体的なことが書いてある本を読めば、教科書の出来事が自然に繋がるようになります。




<オススメ本>

 


世界史で特に有用なので世界史を例にとりましたが、他の教科でもそうです。


教科書より具体的なものを読めば、抽象化された教科書を理解しやすくなるのです。

 

進路選択で役立つ

 

はっきり言って大学がどういうところかを高校生が知るのはとても難しいです。


オープンキャンパスに行った所で全く分かったことにはなりません。




あれは大学側が自分の大学のいいところをアピールするだけであって、
大学で勉強するとはどのような感じなのか、具体的な勉強内容などは分かりません。



現時点で志望学部が決まっている人がいたとしても、割と学部の名前で選んでいる人が多いと思います。


学部に入ってから、思っていた勉強内容と違って驚いたという人も結構います。






自分も大学1年目の時、想像していた勉強内容とはまるで違って驚いた記憶があります。

全く興味のない勉強をするんだと分かって大学に行くのが億劫になりました。

悠

そして結局退学…





せっかく入学した大学で全く興味のない勉強をし続けるのは苦痛です。



入学する前にきちんと調べろという話なのですが、

研究者の方が書いている本など読むと大学での勉強・研究についてイメージがわきます。



ネットで調べてもでてきますが、できるだけ体系化された内容がのっている本の方がいいです。




なんとなく〇〇に興味があるから〇〇学部は危険
です。



自分の学びたい学問に関する本を読んでおいたほうが良いです。



もしかしたら本を読んで思ってた勉強と違ったとなり、進路変更することになるかも知れませんね。


しかしそれでいいのです。


大学入学後に「思ってたのと違った」となっても後の祭りです。



”〇〇(自分の学びたい学問)入門書”で検索すればたくさん本が出てきます。

大学入学後に後悔しないため、絶対に自分で入門本を読んでおくべきです。



めんどくさいと思いましたか?


ですが私は経験者なので分かりますが、大学に入ってからしたくもない勉強をするのは過酷です。


私のように退学を選択する人は少ないでしょう。

すると進路選択に失敗しても、その選択先で過ごすということになります。



大学って四年間あるんですよ?


四年間苦痛で苦しむか今本を数冊読んで、適切な学部を選んで入学するか。

どちらが良いと思いますか。

活字に対する耐性

自己投資という面でこれが最大効用をもたらすといって良いでしょう。


大学に入ってからすぐに恩恵が感じられます。


大学に入ってからはレポートを書くために文献、論文など読むことになります。



活字に対する抵抗があると、まず情報を得るところからが大変です。
読むという行為自体が面倒だという人は最初からなかなか進みません。


しかし普段から本を読んでいれば、そんなことはないはずです。




また、大学生は時間があります。

本を読んできた人はきっと図書館に通うことにもなります。



四年間遊んできた人と本を読んできた人では卒業時にはまるで人間が異なりましょう。



本を読んできた人は大学卒業後もきっと本を読み続けるはずです。

読書は年をとってからもできるのですから。

若いうちに読書の癖をつけることは将来への投資となるのです。

読書のススメ

電車やバスに乗っている時、何をしていますか?

友達とのメッセージ交換、SNSの閲覧、スマホゲームなど…



その時間を少しだけ読書にあててみてはどうでしょう。

知識は財産なのです。

 

さて今回、受験のために読書をするのも良いよという方向で記事を書き始めましたが、
後半では読書それ自体の有用性について書きました。




読書の有用性について少しでも理解してくれた人に対しては
読書のために受験を利用する、という言葉の方が適切であり、本当に私が皆さんに思ってほしいのはこちらの方なのです。




自分への大きな投資となる読書、そのきっかけとして受験を捉えられたらあなたの視野が広くなっている証拠です。


さあ、読書を始めましょう。

◎大学・学部探し、パンフレット・願書の無料請求はこちら

<お知らせ>
当ブログは毎日投稿となっております。気になる方はブックマークしてくださると嬉しいです。当ブログホーム画面はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました