スマホの方はページ下部のメニューバーをご活用ください

高校物理を独学した私が薦める難関大合格のための参考書・問題集

大学受験全般

私は京大の文系学部に入学しましたが、高校生の時は理系でした。



理系の選択科目としては物理と化学を選択。


一応正直に言っておくと当時の第一志望には届きませんでしたが早稲田大学の理工学部には無事合格、進学しました。


その程度の学力でしたが、物理に関して言えばセンターや二次試験など、試験全体の出来はかなり良かったですし模試でも安定していて得意科目の一つでした。

基本的に受験勉強は多くの科目を独学(学校の進度が遅すぎたので)で済ませましたが、物理は独学で上手く結果を出せたので今回はその勉強法をシェアしたいと思います。

 

悠

ちなみに化学は最後までゴミだった(戦犯の1つ)

化学に関しては勉強法なんて書けませんが、その代わり(?)物理に関しては頑張って丁寧に書いていきますので、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

基本編

まず、高校物理の基本的なことを学ぶための参考書を紹介します。




あなたが教科書を使って独学できる場合はどうぞ教科書を使ってください。


教科書は硬派ではありますが、情報の純度は高いです。




悠

ちなみに私は最初教科書で独学しようとしましたが挫折しました笑



そんな私が初めに取り掛かった参考書が物理のエッセンスです。



2冊での構成となっています。かなり薄いので割とすぐ終えられると思います。

センター試験だったらこれ一冊で少なくとも八割は取れると思います。





さて紹介しておいてなんですが、この物理のエッセンスはあまり教育的な本では無いと思います笑



というのもこの参考書はかなりテクニック重視なのです。


とりあえず公式を暗記して、その公式を振り回して点数を取ることに特化しています。




ですからこの参考書は根本原理などが気にならない人、点数が取れればあとは構わない、という人にしかオススメ出来ません。

 


物理のエッセンスという割にはエッセンス(本質)を見失いかねない参考書です。


時間がない人用という分類で一応紹介しておきます。



私が今から独学するならやまぐち健一のわくわく物理探検隊NEOを使います。



こちらも2冊での編成。

この本では公式が何を表しているのかを図などをふんだんに使って説明しています。




また、口語口調で説明が進められており講義を受けているような感覚で読み進められます。

 

悠

個人的には電磁気の範囲がかなり有用でした!



出典は明記されていませんが、演習問題には難関大の良問が採用されています。



迷ったらこれをやっておけば問題ないという一冊です。



さて、基本編最後の一冊として紹介するのが新・物理入門(駿台受験シリーズ)です。



この本はかなり硬派です笑

基本というより基礎です。物理の基礎を厳密に数式で理解していくもの。

微積などを用いた説明がバンバンでてきます。



殆どの受験生には縁がないでしょうが一度覗いてみる必要はあると思います。

しかし、数学の分かる人が読めば本質的理解に到達できます。



基礎の理解ができていれば応用が効きます。数学に自信がある人に強くオススメします。

 

悠

本来はこういう本を最初からちゃんとやるべきなんですよね…

問題集

一通り範囲全体を理解したら、時間をおかずに演習へと移りましょう。

 

問題集を選ぶ上で網羅性を重視するなら物理重要問題集をオススメします。

 

問題は基本的なA問題と応用的なB問題に分かれています。


まずA問題を優先的にやるというのがいいですかね。


使い勝手が良いので万人受けするタイプの問題集だと思います。




ちなみに私が主に使っていた問題集は名問の森です。



重要問題集よりは少し問題数が減りますが、解説の詳しさが段違いです!

悠

解説が詳しいというのは河合塾出版の特徴ですね笑


なかなか噛みごたえのある問題が揃っていますが、解説を読んで分からないということは無いと思います。



きちんと基本を理解しているのが前提となりますが、この本をマスターすれば大体の大学の物理の入試で問題なく合格点が取れます。






網羅性は落ちますが、重要問題集・名問の森よりも難しいものを求める人に標準問題精講を薦めます。

問題は90問しかないのでそこは注意点。

標準と書いてありますが、問題の難易度は普通に高いです。




難関大の問題が中心で、解説は割と簡素な方だと思います。



解説が簡素なのはデメリットではありますが、分かる人にとってはメリットに転じるので人によりけりですね。




ここらへんのレベルからオーバーワーク気味になったしまう受験生もでてくると思いますので無理をせず。


最後に物理を極めたい人向けに難問題の系統とその解き方を紹介しておきます。


どうでもいいですけど改訂版では1冊だったのが2冊になってしまいましたね。


物理ガチ勢御用達の本って感じです。


余程時間に余裕がある人向けですかね。


私なら過去問をやったあとで時間が余ったら手を出す程度にします。



問題集を解くことばかりに意識が向いて過去問演習を十分にできなかったら本末転倒ですからね。


目的と手段を履き違えないようにしましょう。

早い段階で色々な参考書を試してみる

参考書とか問題集とかって大量にあって選ぶのに迷いますよね。


情報に振り回されて参考書を次々と浮気するのは避けたい。




どの参考書も大して変わらんからとりあえずやれ!と言いたい所ですが、物理の参考書に関しては最初の1冊はかなり重要だと思います。



というのも著者によって教え方が大分違うからです。





”参考書の浮気”と矛盾した発言になりそうですが、早い段階で色々な参考書を試すことが重要だと思います。(早い段階というのがキモ)



本屋で立ち読みをして「これなら自分にあってそう!」と思っても、実際にペンを動かしてみると「なんか違うなぁ」となることは多いです。





とりあえず買ってみる→合わなかったらすぐ辞める


これを繰り返し、できるだけ早く自分にあった参考書を見つけてその参考書を完璧に仕上げるべきです。





お金の無駄になってしまうというのは分かります、しかし参考書はべらぼうに高い金額ではありません。



多少の娯楽を我慢すれば出せる金額のはずです。

私は高校の友達は数人しかおらず大して交際費がかからなかったので色々な参考書・問題数を試せました!やったね!




どうしても厳しいというのであれば、学校においてある参考書などを借りるというのも手でしょう。




お気に入りの1冊を見つけて、受験を有利に進めましょう。

◎大学・学部探し、パンフレット・願書の無料請求はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました