【お知らせ】寂しくも懐かしい田舎での記憶を綴ったブログ”田舎懐古録”を開設しました(ここをクリックorタップ)

英語よりも数学の方が重要です

大学生活

英語ができると将来の選択肢が広がる!とはよく言われることです。


それは確かなことでしょう。


なにも英語が重要ではないと言うつもりは全くありません。




しかし将来、外交官や翻訳家などの英語力が必要とされる職業につかず、

普通に日本で暮らしていこうと思っている人にとっては英語よりも数学の方が重要だと私は思います。



数学というと実生活で役に立たないというイメージを持っている人も少なくありません。

微分積分って何の役に立つの?とか言いますよね。



確かに直接的に、可視的に役に立っていることは少ないかも知れませんが、数学はあらゆるものの基礎になっています。



その基礎を理解していないと応用的(実用的なことも含む)なことは見えないようになっているのです。




なぜ多くの人にとって、英語より数学のほうが重要だと言えるのか。


今回はその理由について語っていきます。

スポンサーリンク

日本語でなんでも学べてしまう


日本では明治時代以降、翻訳が急速に進みました。



今では洋書は少しでも有名なものであれば、日本語にすぐに翻訳されます。

これは日本人からしたら当たり前かもしれませんが、世界の中にはそうではない国が沢山あるのです。



母国語に翻訳されていないがゆえに英語の本を読まなければならない国は多く存在します。

自分の勉強したい分野の理解のためにまず英語をマスターしなければならないのです。



しかし日本人はそもそも英語をマスターしなくても、日本語で様々な勉強が可能なのです。



様々な分野の本が日本語で学べます。

やる気さえあればすぐに勉強をスタートできる恵まれた環境に我々はいるのです。



勉強の話に限らず日常生活においてもそうです。

毎日英語を使わなければならない人なんてそうそう多くはないはず。




日本にいるのはほとんどが日本人です。

日本語ができれは大抵問題はありません。



職場においても、英語で話して英語で資料を作らなければならない人なんて一部の人です。

英語ができる人がすごい、英語が出来ないとダメといった扇動に惑わされる人が多いですが、よくよく考えてみれば英語がどうしても必要という人は少ないのです。



これは日本に生まれたおかげです。先人達に感謝…

数学の重要性

この記事でも触れたことですが、高校の時点で一旦文系を選んでしまうと、数学から遠ざかる道が大きく開かれます。




数学が役に立たないと言っている人の多くは、
数学から遠ざかりすぎて数学がどのように役に立っているのかを理解できないのだと思います(そう思う人が悪いのではなく今の受験の仕組みが悪いと思っています)。



恐らく、少しでも数学を分かっていれば選択できたはずの機会を無意識に失っています。


数学ができない人ほど数学を使う道からは離れていくので、その先にある実用的なことを知る機会は失われていくのです。




一方、もし数学を使うと分かっている分野に勇気をもってチャレンジしたとしても、高い確率で数学の壁を前に挫折していきます。




例えば今の時代でしたらプログラミングが筆頭にあがります。

文系でも機械学習などに興味のある大学生、とても多いですねー



機械学習の学習には線形代数、微分積分の知識が必須です。

この数学の知識が無いだけで機械学習関連すべて諦めることになります。



文系一本の道に進むとしても無関係ではありません。

経済学なんて数学バンバン使います(なぜ経済学が文系の分類なのか私には謎)。



その他の分野でもデータをどこかのタイミングで扱うことがあると思いますが、ここで統計の知識が必要になります。




統計学というのは数学の一分野です。

(ちなみにこの統計学の理解のためには微分積分の知識が必要)



いちいち例をあげたらキリがないですが、とりあえず言いたいのは数学が出来ないと多くの分野において第一歩でつまずくということです。


一歩目でつまずき、諦めるとその分野の先に広がることに関しては全て理解を諦めなければならなくなります。



高校の時点で数学の勉強をしてこなかった人は大学に入ってから、シラバスに”数学”という単語が入っている講義は絶対に取らないはずです。



数学の要素がほんの少しでも入っている分野全てを避けるようになるのです。



学問に関わる話をしてきましたが、普通に会社勤めしている人にも無関係な話ではありません。


今、会社に勤めていて数学なんて使ったことなんてないよという方もいるでしょう。



しかしそれは数学が出来ない故に数学を使わない道を無意識に選んだ結果かもしれないのです。



もし数学の知識があったなら、別の分野にチャレンジし別の機会を得てもっと自分の能力を発揮できていた可能性があるのです。

英語は全くやらなくていい?

数学ができないということを英語でたとえると


勉強したい分野の翻訳本が無い上に英語ができないので勉強それ自体を始められないみたいな感じです。

悠

(微妙に例えが分かりにくい気が…)


翻訳本が無ければまず英語の勉強から始めなければなりませんよね。



前述の通り、日本では翻訳本が豊富ですから日本語で勉強できます。



しかし数学は違います。数学は日本語のように自然に身につくわけでは無いですからね。

そして数学を諦めた場合、勉強自体始められないという事態が起きうるのです。




ここまで述べてきました通り、日本で生きていく限りにおいては

英語が出来ないことによる選択肢の狭まり度 < 数学が出来ないことによる選択肢の狭まり度
なのは明らかです。



英語ができない場合英語の関連する職への選択肢がなくなりますが、この選択肢は多くはない。


しかもそのような職に就く人は以前から英語を自分で勉強してきた人が多く、英語の全くできない大学生がある日突然「よし、今から外交官を目指そう」となるケースはあまり無いでしょう。



して数学はあらゆる分野における基礎となっています。

数学を避け続ければ少しでも理系要素のある職は全て諦めることになります。


ある日、「この勉強に興味がある」、「この職業に就きたい」と思ったときに実は数学の知識が必要だったということはありがちです。




英語が必要な職(外交官、翻訳家、外資系企業など)は初めから明確に英語が必要であると分かるのですが、数学は姿を隠している場合が多いのですね。



以上のことから、ほとんどの日本人は英語よりも数学を重視して勉強するべきだと考えます。

進路が決まっていない人ほど数学をやっておいたほうがいいと思います。







さてここまで話すと、「英語の重要性は確かに低いじゃん。というか英語って全くやらなくてもいいんじゃない?」と思う方も出てくるかも知れません。



しかしあくまで私は数学と英語の重要度の差について述べただけであって、英語を全くやらなくて良いと言っていません。



個人的には英語を”読む力“、次に”聞く力“。

この2つの力は高校生レベルでいいのでつけておいたほうがいいと思います。



普段ネットで日本語検索ばかりする人が多いとは思いますが、英語でも検索できるようになれば得られる情報量が何倍も違うはずです。



日本のニュースについても英語で検索すれば、英語で言及している人がたくさんいることに気づくでしょう。



海外のニュース記事を読んだりYouTubeで発信している人の意見を聞いたりもできます。



これらの機会は英語ができることによって得られるものです。


日本が海外からどう見られているのかを調べるだけでも結構面白いものですよ?



数学の方が職業などにも関連してくるので重要度は高いと思いますが、英語も英語で完全放棄は勿体無いです。


勉強して無駄なことはないのです。


今している勉強がいつどこで役に立つかなんて本当にわかりません。




「あの時これを勉強しておいて良かった」、「あの時あれをちゃんと勉強していれば…」と思うのは私も何度も経験しています。



「あの時あれをちゃんと勉強していれば…」 と思う頻度をできるだけ減らすべく日々の勉強を頑張っていきたいですね。

◎大学・学部探し、パンフレット・願書の無料請求はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました