東京から京都に引っ越して本当に良かったと思える点

大学生活

私は数年間東京に住んでいました。



東京の環境に酷くストレスを感じ、京都でのんびりすごしたいとの思いもあって、東京から京都に
お引越ししてきました。


実際、京大受験のモチベーションは京都に住みたいからというのがほぼ全てを占めていました。
それくらい東京が嫌いで京都に憧れがあった。



まだ京都に来て2ヶ月半とかしか経っていないのですが、今のところ京都に来て本当に良かったなという印象です。

※私が住んでいるのは京都市なので、そこ中心の話とはなりますが、普通の人が京都といって思い浮かべているのは京都市なので問題は無いと思います。



京都に長く住んでいる人からしたら「いやいやまだ知らないだけで悪いところもたくさんあるでしょ」となるかもしれませんね。



私もしばらく住んだら京都のここが嫌だなぁという所もでてくるはずだとは思っているので、それはまた別で書きます。

※追記 書きました



今回は東京から京都にきて良かったことに絞って書きます!

(東京と比較した上での相対評価となってしまうのでかなり主観が大きくなる点はご了承くださいm(__)m)

スポンサーリンク

全体的にのんびり~静か~

そりゃ東京に比べればね…という感じかもしれませんが、本当にのんびりしています。
やかましいという印象があまりありません。



GWなどは確かに観光客が多くて賑やかだったかも知れませんが別にその時期に観光地に行かなければそこまで気にならないです



特に私は休日の鴨川が大好きです。



休日はよく鴨川を北から南へテクテク散歩するのですが、ギターを弾いたりトランペットを吹いたりしている人、昼寝をしていたり、魚釣りをしている人なんかもいますね。



あのみんなが好きなようにしている空間・雰囲気が最高です!

京大は自由な学風で有名ですが、周辺全体にそういった雰囲気が漂っている感じがします。

有名観光地に自転車でいける!

京都は自転車文化です。京大構内の駐輪場は自転車でいっぱいです。

その自転車で色々な観光地に手軽に行けるのも京都の魅力の一つです。



私も空きコマで銀閣寺に行きました笑

f:id:abireharu:20190617233524j:plain

 自転車ででかけて自転車で帰ってくる感じなのであんまり終電も気になりません。

夜中に自転車で伏見稲荷大社に行ったこともあります(※伏見稲荷大社は24h拝観OKとなっています)。

f:id:abireharu:20190617233546j:plain

平日に行ったのですが、頂上は人っ子一人おらずとても怖かったですが非常に良い思い出になりました。



京都に観光となると、どうしても長期休暇の一部などで行くしか無いという方が多いですよね。

当然ですがそういう時期は観光客でごった返します。



しかし京都に住んでいると普通の平日の真っ昼間に世界遺産に行けたりしますからね。本当に幸せです。

道に迷わない

これ、私のような方向音痴にはとてもありがたいです笑



Google mapとか使えば問題ないと思われるかも知れませんが、道が込み入っていると次は右、そのつぎは左となって面倒くさいのです…



京都市は道がまっすぐです。本当にまっすぐ。


車通りの少ない時間帯に道のど真ん中に立っていたことがありますが、道の先に吸い込まれる感覚に襲われました。



京都は方角がわかれば殆どの場合道なりに行けば問題ないです。

自転車でひたすらまっすぐ走行するのは気分爽快です。


また、大きい通りの名前が分かりやすいのも助かります。

北から一条二条三条…となっていますよね。



これなら道に迷ったとしても大きい通りにでれば、
すぐに自分の知ってる道に出られる確率が高くなります。

電車も便利!

まず電車がそこまで混まないです。そりゃ東京に比べればね…(2回目)って感じかもしれないですけど、日本の誇る一大観光地ですしもっと多いと思っていました。



自転車だとちょっと遠いかなーって時には私も電車を使います。



色々な時間帯に乗ったりしていますが、人に押しつぶされるほどの満員電車に乗ったことがありません。これだけで私にとっては精神的にとても助かります。

f:id:abireharu:20190618010037j:plain

私の精神の脆弱さが問題なのですが、東京にいた時は満員電車に乗ると朝から気分が悪くなって途中で降りて、そこから歩いて大学に行ったりしてましたからね笑




また、京都は駅同士の間隔も狭い方だと思いますし、電車の本数も割と多いですよね。



東京で電車がすぐ来たりするのは乗客数が多すぎるから当然として、京都の乗客数で考えればとても便利な公共交通機関だと思います。

おいしい料理が身近に手軽に

京都の食事といったら上品で、料亭のようなものを想像する人も多いかも知れません。
実際そういった料亭も近くにたくさんあります。



しかし京都は学生の町でもあります。


お財布に優しい、かつ美味しいごはん屋さんがとにかく沢山あります。



人間って単純で、美味しいものを食べれば脳は喜び気分が非常によくなります。日々の活動に力が入りやすくもなるというものです。


食は生活の基本。私なんかエンゲル係数がすごいことになっていると思います笑

京都様ありがとう

ここまで色々書いてきましたが、結局は町全体の雰囲気が一番のお気に入りなのです。

京都に来たことのある方はお分かりでしょう。あのなんとも言えない、時間がゆっくり流れるような感覚。



私が以前よりも大学に通えているのは、間違いなくこの京都という素晴らしい場所のおかげです。


余所者が来て良い気はしないかもしれませんが、京都並びに京都民の皆様これからもお世話になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました